お客様に気持ちの良いドライブを満喫してもらうために!ガソリンスタンドの仕事とは

ガソリンスタンドの存在意義

ガソリンスタンドは、車やトラック、バイク等お客様が運転してきた乗り物を、給油できる所定の位置にまで誘導、ガソリンといった燃料を給油する仕事です。お店のタイプは2種類存在し、従来型のフルサービスを売りとするスタンド、フルサービスを可能な限り削ったセルフサービスのスタンドがあります。後者は特に近年増加傾向にありますが、それぞれのスタンドがどのような役割を果たしているのか、以下にみていくことによってお客様にどのような「満足感」を与えているのかを考えていきましょう。

フルサービス型ガソリンスタンドに関して

フルサービス型ガソリンスタンドは、給油以外にも、ドライブに関わる全てのサービスを提供するタイプのスタンドです。車の窓拭きや灰皿の交換等の車内清掃といった簡単なものから、エンジンオイルのチェック、タイヤの空気圧チェック等の各種車両点検といった本格的なものまで、従業員が隅々までサービスをし、さらには待機中のお客様へのくつろぎスペースの提供も行うことによって、安心してドライブを満喫できるような環境を整えるのが仕事となっています。

セルフ型ガソリンスタンドの特徴

一方、近年増加傾向にあるセルフ型ガソリンスタンドは、基本的に給油に関してはスタンドを利用するお客様が自分で行います。以前は店員のみができた給油業務が、規制緩和が進み、危険物取扱者の有資格者が常駐していればお客様自身での給油も可能となったのです。結果、サービスを可能な限り削ったのでフルサービス型のスタンドよりも利用料金が安くなっています。それでも、セルフ給油がわからないお客様に従業員が手ほどきをしたりする場合もありますし、従来通りの給油以外のフルサービスを行っているスタンドも存在します。

ガソリンスタンドでのバイトは数多く出ています。そのために、希望のエリアを重点的に絞って探す方法がおすすめです。