今くいけば、正社員や店長への昇進もあり!?

進化する居酒屋のバイト事情

居酒屋はバイト先として定番ともいえます。昼間学校に通ったりしている人にとって夕方のシフトや夜間のシフトは時給も高く、結構分のいいバイトですよね。また、全国でチェーン展開しているような居酒屋もあるので、一度経験すると他の居酒屋さんでも同じような感じで働けるという気楽さもあるようです。最近、そんな居酒屋を経営する企業が急速に進化しているそうです。原料の仕入れから労務管理、売上管理や商品開発まで新しい技術や制度の導入が進んでいるそうです。

数値管理と斬新なチャレンジ

経営者は、客数や客単価そして売り上げを増やしながら、営業利益を増やすことを目標にしています。それを実現するためには、仕入れの効率化による原価の最小化、客数や客単価を増やすための魅力あるメニュー開発と店づくりなどが必要です。しかし、それより重要なことがスタッフ管理だと気付く経営者が登場してきたのです。ハードよりもソフト、つまりスタッフがより重要だと気付いたのです。そこで、思い切った人事システムを導入する動きが始まりました。

アルバイトが管理者に!

人はモチベーション次第で生み出すパワーも結果も大きく変えることができます。同じ人が同じ仕事をしても、何となくやるときと、最大限努力したときとでは、その結果は大きく変わります。居酒屋のスタッフも同じように、アルバイトスタッフが高いモチベーションをもって業務にあたった場合、予想以上のパフォーマンスを上げることが多くの現場で証明されています。そこで、最近は、優秀なバイトスタッフを育成するため、積極的に正社員に登用する制度や、アルバイトのまま店長として採用するところが出てきました。今後この動きは加速され、雇用形態に関係なく、同一労働同一賃金が居酒屋から始まると面白いのではないでしょうか。

飲食店の求人とは、カフェからファミリー向けまで種類が豊富です。自分に合った求人がきっとみつかります。