知らなかった!?ヘアメイクアーティストの仕事内容と資格

実はヘアメイクアーティストには資格は必要ない・・?

ヘアメイクアーティストには実は資格は必要ないって知っていたでしょうか。もちろんヘアメイクアーティストの専門学校は存在しますが、ヘアメイクアーティストになるだけなら必要ないんです。しかし、しっかりと活躍していくならば美容関連の資格は取っておいた方がいいでしょう。例えば美容師の国家資格、メイクセラピー、カラーコーディネート、ネイリスト。これらを取得しているとヘアメイクアーティストとしての活躍の場は広がっていくといえるでしょう。

髪の毛や顔のメイクだけじゃなかった・・・

ヘアメイクアーティストというと言葉の響きで髪の毛や顔のメイクだけのお仕事かと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。実は背中や首、または二の腕などの様々な体の部分をキレイにみせる仕事も兼ねているのです。そのためヘアメイクアーティストになるだけなら資格は必要ないですが、活躍するためには様々な資格を持っていると有利とされているのはこのためです。お客さんの立場としても他の気になる部分までケアしてくれたら嬉しいですよね。

精神的にも体力的にもタフじゃないと務まらない・・

ヘアメイクアーティストの仕事は何も人を美しくするために限るとはいえません。皆さんがよく目にする映画やドラマなどの特殊メイクなども立派なヘアメイクアーティストの仕事ですよ。またブライダルヘアメイクの場合などお客さんなどから気に入らない部分を指摘されれば何度でも気に入ってもらえるまで向き合っていく必要があるため精神的にも肉体的にも大変な気力が必要となります。だからこそ達成感があり、やりがいのある仕事ともいえますよね。

ヘアメイク派遣はとても便利なサービスとなっており、ヘアメイクの技術を持ったプロの方が派遣されるサービスです。