日勤と夜勤の違いとは!?看護師の夜勤バイト

高収入を見込むことができる

日勤と夜勤の大きな違いと言っては、やはり収入の面での違いでしょう。日勤と違って夜勤では、時給換算すると大きく給与面で優位するとことがあります。とりわけ看護師業界では、夜勤があるだけで収入に大きな差が生まれてくるものです。夜勤手当があるかどうかで、看護師の収入には大きな違いが生まれ、日勤だけではなかなか生活をしていくことが厳しいなんていうところもあったりします。夜勤はまさに看護師の収入を支えていると言っても言い過ぎではないかもしれないのです。

夜勤と日勤の業務の違い

看護師の場合、夜勤と日勤では業務上の違いも大きくなってきます。日勤の場合、周りには多くのスタッフがいたりして、皆で協力しながら業務を遂行していくことが多いです。たとえわからないことがあったとしても、同僚にアドバイスをもらったり、代わりにやってもらったりなどすることもできますよね。いっぽう、夜勤の場合、一人でやらなければいけないことが多いですから、ある程度経験を積んでいないとそもそも勤まらなかったりするものなのです。

肌荒れの原因になることもある

このように、夜勤は収入が高いいっぽう、高度なスキルが必要だったりしますが、いちばんのネックとしては、体調面の問題があります。昼夜逆転の生活というものは、やっぱり体には良くないものなんですね。とりわけ女性の就業者が多い看護師業界では、夜勤が多いことによって肌荒れの原因となったり、生理不順になってしまったりすることもあるようですよ。収入が多い反面、こうしたマイナス面があることもしっかり認識してシフトを入れるようにした方が良いかもしれませんね。

コンビニのバイトは、子どもから老人まで、いろいろな人と関わることができます。時間帯で、大変なときもありますが、得るものも大きいでしょう。